人と人が繋がっていく暖かさ ユリ展 vol3

2/17(土)~3/2(金)の間、世田谷区野沢にある「UNITED cafe(ユナイテッドカフェ)」にて第3弾となるユリ展が開催されました。

劇団「贅沢貧乏」で脚本、演出を担当し、女優としても活躍されている山田由梨をモデルに、フォトグラファー河内彩、ヘア&メイク藤本希、スタイリスト小林久美子、デザイナー柴田喜美香が集まり、2017年春からスタートした写真プロジェクト『ユリ』。

第3回目を迎える今回は、以前展示会が開催されたBarの雰囲気とはガラリと変わり、カジュアルなカフェでコーヒー片手に、山田由梨という1人の女性の移り変わる表情や心情の物語をゆっくり眺めることが出来るものになっていました。

今回の作品は、山田由梨が学生時代に知り合ったフォトグラファー川内彩との繋がりから始まりました。

とあるオーディション会場で彼女を見かけ、普段は人に声をかけることなどないが、この時ばかりは声をかけなければ後悔すると思ったそう。

そこから2人の関係が始まり、今回改めて成長した山田由梨の写真を撮りたいという思から「ユリ展」のプロジェクトがスタートしました。

普段は、女優としての顔を持つ彼女も今回のようにモデルに特化した仕事をするのは初めてであり、もの凄く新鮮な気持ちで楽しく撮影をすることが出来たと語っていました。

当初1日だけの予定であった撮影も、そんな彼女に影響を受けるかのように、チーム全体でもっと色んな表情、色んな姿を映したいうという要望から今回の壮大なプロジェクトが実現しました。

まさに、山田由梨の持つ魅力に様々な人が引き寄せられた結果、生み出された展示会であるとも言えるでしょう。

ただピュアで透明感があるだけはなく、その奥にある可愛さ、深さ。彼女の魅力に色んな人が引き寄せられ人と人が繋がっていく。今回の展示会は、そんなことを思わせてくれる非常に暖かいものになっていました。

0コメント

  • 1000 / 1000